フラクショナルレーザーは何故健康保険が使えないのか

フラクショナルレーザーによる治療効果には一定の評価があります。
しかし健康保険が使えないので治療費が高額になってしまいます。
とはいえ美容や健康のためには出費を惜しむべきではないのでしょう。
心理面を含めた費用対効果で考えることが大切です。
それでも患者さんにとっては切実なケースもあります。
では何故健康保険が使えないのでしょうか。
■保険診療に対応していないクリニック
健康保険は、国民が安価で治療を受けられるようにしてくれる社会保障制度のひとつです。
とはいえ何でも治せるわけではありません。
健康保険の原則は、必要最低限の治療!です。
そのため生活に支障がない美容系の施術は、原則として健康保険が使えません。
そういう意味では、そもそも保険診療に対応していない美容クリニックもあります。
そこでは風邪や肺炎の治療であっても、健康保険は使えません。
■器具自体が承認されていない
健康保険を利用するためには、事前に厚生労働省から承認を受けた医薬品や医療機器を使って、決められた方法に従った治療を受ける必要があります。
例えば同じ薬であっても、適応症として認められた病気以外に使うと、それは保険診療にはなりません。
改善の余地はあるのでしょうが、運営面から保険制度を維持するためには仕方のないことです。
そういう意味では、フラクショナルレーザー器具自体が、現状において保険診療用器具としての承認を受けていません。
そのためどんな治療に使っても、自由診療になってしまいます。
■社会人としてのエチケット
ニキビや赤ら顔、そして先天的なあざの治療は、一般の皮膚科を受診すれば健康保険が使えます。
思春期の子供であれば、安価で治してもらうのも一法です。
しかししみやしわ、たるみなどの治療は、大人の場合がほとんどです。
その原因も不摂生であることが多いでしょう。
ならば公費を含んだ健康保険は使わず、フラクショナルレーザーで納得できる自費治療を受けることが、社会人としてのエチケットなのかもしれません。

関連する記事